メンタル

人見知りコミュ障が教える【美容院で緊張を抑える4つの方法】

こんばんは!コミュ障歴20年のゆすけです。

コミュ障にとって月に一度乗り越えなければならない巨大な壁、それが…、

美容院!!

「そろそろ髪の毛切りたいけど、美容院へ行くのは緊張する…」

ものすごくよくわかる。すぅんごくよくわかる。まずなんで美容院の扉ってあんなに開けにくいん?

僕は生まれてこの方1度も美容院の扉を1発で開けられたためしがない。絶対に扉の前を3往復くらいウロウロしちゃう。ドアノブに手をかけたときはもう心臓ばくばくよ。

(ハイルゾォ、ハイルゾォ……、ヨイショー!!)って心の中でいつも叫んでる。

そのくらい美容院へ行くのは緊張するわけですが、けっして嫌いではない。むしろ好き。いい匂いするし。

だからさ、どうやったら緊張しなくなるか考えたわけですよ。そして実践してみたわけですよ。

その中でも効果あったものを今回は紹介するわけですよっと。

 

1.メンズ専門店があるって知ってた?

これは男の人限定になってしまうわけですが、男の人でこんなこと思ってい人いません?

美容院なんて女の人が行くところ

もちのろんで僕も思ってました、ええ、ええ。

けどさ、床屋さんでカットしてもらっても「なんか違う…」ってなる人多いとおもうわけですよ。

そうなるとやっぱり行くところと言えば美容院。でも美容院って、床屋さんのあの気軽に行ける感じとは異なり、ぼく見たいなコミュ障には敷居が高いところなわけ。

実際、美容院を利用してるのって女性が多いじゃないですか。そんな女性の人口密度の高い領域にぼくが入ったとしましょう。

(カランコロンカラーン)ゆすけ入店。

店員さん「いらっしゃいませー!」(笑顔MAX)

↑表面上は店員さんもこんな感じで営業スマイルMAXなわけですが、心の中でこんなことを思ってるんじゃないかと想像してしまうんですよ。

(カランコロンカラーン)ゆすけ入店。

店員さん「いらっしゃいませー!」(美容院に男が来るんじゃねーよ。今すぐ回れ右して帰れよ)

って。さすがにここまでは思ってないけど、男からすれば美容院って入りにくいところなのは確かですよね。

そこで僕は男でも入りやすそうな美容院をググりまくった。

そしたらあったのよ…。

メンズ専門店が!!

ほんっとうにGoogle先生には感謝しきれません…。

見つけたお店HPをザーッとみてみたんですけど、超親切!本当にメンズのための美容院って感じ。

『男、磨きます』だって。もう行くよ。ぼく、行ってくるよ!

 

っていう訳で行ってきた。

感想「めちゃめちゃいい!!

確かに、いつも通り扉の前を3往復くらいしたけど、入ってからの安心感が違いました。だって男しかいないから!!

女性の目線を気にすることなんかないのです。それに美容師さんも男前だし、トークは軽快だし、髪の毛のアドバイスを下さったり、美容院の印象が180度変わりましたね。

だからもし僕みたいに女性の目が気になる!って人がいたら、ネットで近くのメンズ専門店を探してみるといいですよ。

マジでいいから…。

 

2.ネット予約で緊張を回避!

美容院って床屋さんとは違い、完全予約制なところって多いですよね。それで予約しようと思っても「電話じゃ緊張しちゃう…」って人いると思うんですよ。

まあ僕の事なんですけどね。

自慢じゃないが、僕は電話だったら緊張して絶対2回は噛む自信がある!!だからできれば「電話したくねー」と怠惰を貪っていたわけ。

こんな話を友人にしていたら、友人がこんなことを言いました。

友人
友人
ホットペッパーで予約すればいいじゃん

「ほっと…、ぺっぱー?」あったかいコショウ?いやそんなわけがないと友人からよく話を聞いてみた。

なんでも今の時代電話じゃなくてネットで予約できるらしい。

まじかよっ!

だからこれからは電話じゃなくてネットで予約して、緊張することを1つでも減らそうっていう話。

ちなみにホットペッパービューティーはこちらから。

 

3.あらかじめ画像を用意しておく

自分のなりたい髪型を明確にしておくのも1つのポイント!。

もし何も考えずただ「髪が伸びてきたなぁ」と思って美容院へ行っても、美容師さんにうまく説明できないですよね。

前髪はあーで、襟足はこーで、とかズバズバ言える方なら全然いいと思うんです。

だけど僕みたいに美容師さんが「こんな感じで大丈夫ですか?」と聞いてきたら、不満があっても絶対に「ダイジョブデスっ!」って言ってちゃう人は、あらかじめ画像を用意しておきましょう

そうすることで美容師さんにも丁寧ですし、こちらのイメージにできる限り近づけてくれます。

そしたら不満の残る髪型になる確率は、ぐんっと下がります。だから自分のなりたい髪型の画像を正面からだけではなく、横と後ろの画像があるものを選びましょうね。

そして美容師さんにどや顔で見せつけよう。

こんな感じでお願いしますっ!!」ってね。

 

4.無理して喋る必要なんかないよ

カット中のあの空間…、

ニガテ

「なんか喋らないといけないのかな?」とか「喋りかけてくれるけど会話が続かない」とか色々あると思います。

さっきから全部僕のことだけどねっ!

でも最近、「無理して喋ろうとしているから、そんな不安が湧き出てくるんじゃないの?」って気が付いたんですよ。

喋るのが苦手だったら別に喋らなくていいんだよ。

だって僕が美容院へ行くのは、『喋る』ことが目的じゃなくて『髪を切って』もらうことが目的だから。

だからとりあえずカットさえしてもらえればいいや!っていうスタンスで行くことにしたら、結構らくになった!!

でも、「どうしても話しかけてほしくない…」っていう人は、初めて美容院へ行ったときに渡されるアンケートみたいなやつに、「話すの得意じゃないです」って書くとカットに集中してくれます。

ちなみに僕はそれを書く勇気さえなかった…。

どんだけ小心者やねん。

 

【美容院で緊張しないコツ】のまとめ!

今回の記事をまとめるとこんな感じ!

  • 美容院にもメンズ専門店がある!
  • ネット予約で緊張を1つ回避する。
  • あらかじめ希望の髪型の画像(カタログ)を準備しておく。
  • 無理に喋る必要はないっ!

とりあえず「美容院行くの緊張する」って言う人は今回の記事を参考にしてみてください。

超絶コミュ障の僕でも少しは緊張を抑えられましたから!

まあ『行きつけの美容院を作って慣れていく』って言うのが1番いいのかもしれないけど、「それまでが大変だよっ!」という方のためになればと思い書いてみました。

僕は行きつけの美容院ができても、毎回扉を開けるのに軽く10分はかかる自信はありますけど!

髪の毛切るのも一苦労だねっ!

以上、ちょっとずつでも慣れていこう!っていう話でした。

ばいばいっ!