ゆすけは言いたい

「人を見た目で判断するな」とは言わない。けど顔で判断するな!

こんばんは!テキトーまじめブロガーゆすけです。

人を見た目で判断するな!

誰しもがそう親に言われて育ってきたと思います。クラスのアイドルだって「人を見た目で判断してはいけないわ!」職場のイケメン上司だって、「人を見た目で判断するんじゃないZE☆彡」と言っていることでしょう。

でもこれ全部きれいごとですよね。それよりも僕は、『顔で判断するな!』のほうが的確なんじゃないの?って思ったりしてます。

というよりぼく自身、顔で判断されて生きにくいと感じています。別にぼくがめちゃめちゃブサイクとか極道みたいな顔をしているとか、そういうことではありません。

世間一般的に言うと、おとなしめな顔をしていると思います。

「別にいいじゃんww」と思われるでしょうが、それが結構生きにくいんです。

ちょっと上司の愚痴を言えば「え、愚痴とか言うんだ」とか、コーヒー飲んでたら「え、コーヒー飲めるんだ!?」とか。

なんやそれ。

愚痴ぐらいこぼすし、コーヒーだって飲むわ!大体コーヒー飲めない顔ってどんな顔やねん!

ちなみに5秒で書いた僕の似顔絵がこちら。

何とも言えん…。まず生気が感じられませんね。けど何となく、雰囲気はこんな感じです。

話がそれましたが、今回言いたいことは「人を見た目で判断するな!」を「顔で判断するな!」に言いかえるべき!っていうことです。

 

 

まず見た目ってなに?

まず見た目ってなんでしょう?

僕は見た目を大きく占めている要素は、身だしなみだと思うんですね。

だから例えば、世間一般で言う『ブサイク』な男性がいるとしましょう。しかもその人は髪の毛ぼさぼさ、服ヨッレヨレです。そしてひげも伸しっぱなし。

こんな人が、「キモい」と女性に言われて「人を見た目で判断するんじゃねぇー!」って怒鳴ってもおかしな話ですよね。

やっぱり見た目(身だしなみ)って言うのは、人を判断するための必要な要素だと思うんです。

同一人物で、たとえ太ったままでも、髪の毛は短髪でさわやかに、服装も清潔感があるものにし、ひげもばっちり剃って、身だしなみを整えた状態だと誰も何もいいませんよね。

だから、『見た目』はある程度自分で作れるものなんです。

それなのに、「人を見た目で判断するな」というのは甚だおかしな話じゃないですか?それを言う前にまず、自分の身だしなみを改めるべきだと思います。

真面目だと思われたいんだったら、チャラついた格好をやめるとか、清潔だと思われたいんだったら、アイロンをかけてしわを無くすとかね。

だから僕は、「人を見た目で判断するな!」は的確ではないと思うんです。

 

顔で判断するのマジでやめて。

冒頭でも書きましたが、僕は顔で判断されて生きづらさを感じています。

「優しそぉ~」とか「真面目そうだね」とか……。

ぜんっぜんそんなことないから!!

むしろテキトー人間です。はい。どうも。

それに下ネタとかも言いづらいからね?これ結構深刻よ?会社の飲み会とかで言ったら「えっ?」って顔されたからね?

下ネタも言えないんじゃやってられないって!

やりづらさMAX。下ネタと顔は関係ないだろーが!

それともう1つ。ぼくは先祖代々受け継がれてきた由緒正しき『濃いすね毛』をこの身に宿しているのですが、これまた「えっ?」って顔されるんですよね。

その顔ですね毛が濃いの?って。

顔とすね毛の濃さは比例しません。

ほかにも色々あるんですが、話が逸れそうなのでやめておきます。

顔は生まれ持ったものなんだからどうしようもないんです。それを補うために身だしなみを意識しても、『顔』で判断されてはたまったもんじゃないですよね。

だから僕は「人を見た目で判断するな!」よりも「人を顔で判断するな!」に訂正するべきだと思います。

 

これからは「顔で判断するんじゃない!」を使おう

顔はかえられないわけですよ。親から授かった大事な身体です。それを「きもい」だの「チャラそう」だのと言われた時は、猛反撃するべきだと思います。

というより、んな人相手にしない方がいいですね。

けれど、自分の身だしなみに関して言われた時は、もう1度自分を見直してみましょう。

 

以上、美人が大好きゆすけでした。

ばいばいっ!